おまとめローンと債務整理に迷った時

多重債務があり、返済が厳しくなってきた時に検討を始めるのが債務整理をするべきかということでしょう。債務整理にはいろいろ方法がありますが、すべての債務整理は借金が減ることは確実です。債務整理でもっとも知られている自己破産では借金を全くのゼロにできるくらいです。返済に厳しくなったときに債務整理を考えることは無理のないことと言っていいでしょう。

しかし、もちろん債務整理をすればマイナス面もたくさん出てきてしまいます。自己破産では自己の資産などをほとんどすべて債権者に分配されることになりますし、他の債務整理でもブラックリストへの記載などのマイナスが少なからずあります。それでも債務整理をしなければ返済ができない場合はいたしかたないのですが、返済は厳しいものの返済条件を緩和してもらえるならば債務整理をしなくても返済できるという場合にはおまとめローンの利用を検討すべきでしょう。おまとめローンでは借金が減るわけではないのですが、金利を下げてもらうことによって総返済額が少なくなりますから、実質的には借金の減額と同じ効果が期待できます。おまとめローンの審査は厳しいですが、おまとめローンの審査が通るならば、金融機関は返済能力があると判断している証明でもあります。